2001~2005 チルドレン・スクール・マフラル

現在は隣の村に移動しました。ここでは、学校が始まったばかりのころを紹介しています。

 

2002年。(以下の文章は2002年当時に書いたものです。)

 

学校の校舎です。村の空いていた建物をレンタルで借りて使 用しています。

教室は3部屋。でも、クラスは4クラス。1クラスは外で青空授業です。教室は毎日交代でローテーションしています。 「雨の日はどうするの?」と先生たちに聞いたら、「今は乾季だから滅多に雨は降らないので心配ない」のだそうです。 やはりインド人、楽天的。私はハラハラ、心配性な日本人。早く自前の校舎を作ってあげたいけれど、まだまだ遠い道のり。みんな、もうちょっと我慢してね。

 

学校の先生は4人。みんな村の住人で、教育を受けている人たちです。高校卒業の資格(大学受験資格) に受かっています。それだけでも村ではとても珍しいのです。一人は他の学校で先生をしていましたが、他の先生は無職でし た。村では高学歴でも、都会にはもっと教育を受けた人たちがいます。しかも、そんな人たちも失業している状態ですから、 仕事が無いのです。

先生の一人は女性です。彼女がだっこしているのは、彼女の赤ちゃん(写真右)。まだ小さくてお母さんのそばを離れられないので、学校に連れて来ています。

 

 

初めて習う文字。鉛筆の持ち方、チョークの持ち方から練習です。生徒の年齢は様々。レベル別でクラス 分けしています。自分の年齢も、みんなわからないんです。兄弟が多いので、誰も誕生日を覚えていません。

生徒の中には何人か障害を持っている子供がいます。クーシーちゃんもその一人で、彼女は両足が動きません。村のはずれの 家から学校まで20分ほど手で這って通っていました。そこで、彼女に車椅子をプレゼントすることにしました。最初はみん なに注目されるので、恥ずかしそうな顔でしたが、友達も手伝ってくれて、車椅子の練習を始めました。村の道は大変ガタガタなので、誰かに押してもらわなくてはなりませんが、毎日車椅子で通っています。

 

インド流勉強法。壁にいくつか紙が貼ってあります。そこには、ヒンディ語で文字とイラストが書いてあ ります。「ア」は「アーム(マンゴー)」の「ア」のように、それぞれの発音を勉強するのです。代表が一人前へ出て読み、 ひとつひとつ全員で後に続いて声を出します。隣のクラスでもやっているので、ものすごい大合唱になります。ひたすら、覚 えるまで繰り返します。

クラス1と2と3は、文字に接するのが全く初めての生徒たちです。ヒンディ語と、英語、そして簡単な算数を勉強していま す。文字が読み書きできるようになったら、いろいろな教科の教科書にステップアップ。がんばれ!

 

屋上の授業。クラス4の生徒は他の学校から転校してきました。遠い学校に通っていたけれど、近くに学 校ができたので、こちらで勉強をすることに。だから、彼らの制服はばらばら。前の学校の制服を着ているのです。残念ながら、この学校にはまだ制服がありません。インドの学校では、学校がシャツは白、スカートやズボンは黒など、色だけ指定し て、生徒がそれぞれオーダーメイドで制服を作ることが多いのです。けれど、この学校の生徒たちのほとんどは、家が貧しくて制服を作るだけの余裕がないのです。

いつか制服作ってあげるから、待っててね。

松葉杖をついているのは、先生ではなくて、生徒です。推定17歳。彼も初めて学校に入りました。読み書きは独学で少しで きます。年が大きいけれど、どうしても勉強がしたくて、入学しました。とても熱心な生徒です。

生徒の中にはびっくりするくらいよく勉強ができる子がいます。将来が楽しみです。

 

Instagram
IMG_1344
IMG_1471
IMG_1475
IMG_3263
527508_446995568650792_850293409_n
IMG_1867
India
India
India

Giving a chance of Education

to cihldren in India
NGO Children Aid - Surya Bharti School
Japanese  / English  / Chinese

NGO Children Aid

C/O Hotel Mahamaya, Near Mahabodhi Temple, Bodhgaya, Gaya, Bihar 824231, India

Giving chance 
of education
to children in India

There was no school in a village. A few children went to a school by walking long way. Hundreds or more children were playing and working. Of course they could not read and write. They are very poor  and their family can only afford to eat.

We established a school (without tuition fee) in the village.