2001 村

菜の花畑が広がる農村。

ほとんどの家は土でできている。壁には一面、燃料となる牛の糞が丸く平らにして貼り付けて乾かされている。

電気は一応来ているけれど、土壁の家にはあっても電球だけ。みんなテレビも見たことがない。

村の子供たちに歌を歌ってもらうと、それは家に代々伝わる儀式の時の歌。おばあちゃんやお母さんから口伝えで覚えた歌。テレビや映画で流行っている音楽はほとんど知らない。

 

 

私たちが村へ行くと、どこからともなく集まってくる子供たちと村人。どうやら車が村に入ってくるのを見て、走ってきたらしい。めったに車なんて村に来ないから、それだけで珍しい。

しかも、外人(私)がいるから、もっと珍しい。最初は恥ずかしそうにしていたけれど、デジカメのディスプレイや、ビデオカメラのディスプレイで子供たちを映して、それを見せてあげたら、大騒ぎ。写真もあんまり取らないから、画面に映った自分たちを見て、大興奮。

 

 

村はブッダガヤに属するけれど、ブッダガヤの中心地からはかなり外れているので、村人は外国人をあまり見たことがない。それでも、私に普通に話しかけてくれる。ブッダガヤのヒンディ語はデリーのヒンディ語に比べて、関西弁くらいの違いがあるが、村の方言はさらにすごい。

なんとなくニュアンスでわかるけれど、スタンダードヒンディとはかなり違う。だから、子供たちと話すと、普通のヒンディ語では通じない時がある。

親もその親も学校へ行ったことがないし、テレビもないから、村の言葉しか知らない。

学校で、ヒンディ語の「あいうえお」からスタートだ!

Instagram
IMG_1344
IMG_1471
IMG_1475
IMG_3263
527508_446995568650792_850293409_n
IMG_1867
India
India
India

Giving a chance of Education

to cihldren in India
NGO Children Aid - Surya Bharti School
Japanese  / English  / Chinese

NGO Children Aid

C/O Hotel Mahamaya, Near Mahabodhi Temple, Bodhgaya, Gaya, Bihar 824231, India

Giving chance 
of education
to children in India

There was no school in a village. A few children went to a school by walking long way. Hundreds or more children were playing and working. Of course they could not read and write. They are very poor  and their family can only afford to eat.

We established a school (without tuition fee) in the village.