2008 家庭訪問

家庭訪問2008 (Home visiting in 2008)

 

生徒の村

 

コロホウラ村(学校から1.5キロ、写真上)。バルア村(1キロ)。バップーナガル村(0.5キロ)。マフラル村(1.5キロ)。ティルカ村(5キロ)。オウラ村(7キロ)。

 

<家庭での食事>

 

一日3回食事ができる家庭はめずらしく、一日2回、一日一回だけ、食事なしの日もある家庭もあります。家族は一生懸命働いていますが、労働者の賃金は信じられないほど低く、満足な食事ができません。稲刈りなど、農業の季節労働の報酬として、現物支給が多く、わずかな米や麦はそんなに長くは持ちません。野菜は貴重です。

 

<親の職業とカースト>

 

生徒の親は、小作人が一番多く、日雇い労働者、リキシャー運転手、出稼ぎ労働者など。インドの田舎には、今でもカースト制度が根強く残っています。カーストというのは、ヒンドゥ教の階級制度のことで、先祖代々職業が限定されていました。貧しい者は貧しいままでした。しかし、新しい職業が増えた現代、教育を受け、能力を持つ者は、別の職業につくチャンスが出てきています。教育には、貧困の悪循環を断ち切る力があるのです。

 

 

Instagram
IMG_1344
IMG_1471
IMG_1475
IMG_3263
527508_446995568650792_850293409_n
IMG_1867
India
India
India

Giving a chance of Education

to cihldren in India
NGO Children Aid - Surya Bharti School
Japanese  / English  / Chinese

NGO Children Aid

C/O Hotel Mahamaya, Near Mahabodhi Temple, Bodhgaya, Gaya, Bihar 824231, India

Giving chance 
of education
to children in India

There was no school in a village. A few children went to a school by walking long way. Hundreds or more children were playing and working. Of course they could not read and write. They are very poor  and their family can only afford to eat.

We established a school (without tuition fee) in the village.